Eさん(フルタイム、男性、社費)

①バックグラウンド

SE・製造業

②志望動機

もともとヘルスケアの領域でAIを使ってできることがないかと考えていました。シンガポールには医療費削減を一つの目的とした医療情報共有の仕組み(NEHR)があると知り、実現にあたっての各種課題へのアプローチ方法など調査したいと考えました。

社費派遣の制度上の制約もあり、NTU、NUSについて調査を開始。NTUはAIに強いことを知り惹かれましたが、NUSは総合大学で医学部や付属病院もあり横のつながりが期待できると考え、NUSを選びました。

③TOEFL/IELTS(対策やスコアメイキングの時期/記録など)

2017/1からTOEFL対策を開始。対策は予備校大手であるAGOSの講義を中心に実施しました。AGOSを選んだ理由は大手であり安心感があったためです。当初の予定では夏ごろまでにスコアメイクし、そこからGMAT対策に本腰を入れる予定でしたが、10月の頭になってもスコアメイクができずにいました。そんな中で卒業生からIELTSに切り替えてスコアメイクをしている事例を聞き、IELTSを受験することを決意。急遽、AGOSのIELTS模擬テスト+体験授業を受講。合わせて「IELTSブリティッシュ・カウンシル公認 本番形式問題3回分」の模擬試験を1回分解いた状態で、11月中旬に一回目の受験をしました。

結果としてOver all 6.5を出すことができ、TOEFL/IELTS対策を終えました。IELTSは午前に筆記試験、午後にSpeakingの面接試験がある形式でしたが、筆記終了後からSpeaking試験の開始時刻までの間が3時間以上あったので、近くのカラオケボックスに入り、「スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集 ナツメ社」にあるスピーキングのサンプル問題を2時間ほど練習してから試験に臨みました。

■TOEFLスコア遷移                                2017/02/25 Total: 67 (R: 17, L: 17, S: 15, W: 18)                   2017/05/13 Total: 83 (R: 28, L: 16, S: 18, W: 21)                   2017/07/29 Total: 84 (R: 26, L: 20, S: 18, W: 20)                   2017/08/27 Total: 76 (R: 20, L: 20, S: 15, W: 21)                   2017/09/24 Total: 82 (R: 21, L: 21, S: 19, W: 21)                   2017/10/28 Total: 90 (R: 24, L: 27, S: 19, W: 20)

■IELTSスコア遷移 2017/11/04 Over all: 6.5 (R: 7, L: 6.5, S: 6, W: 6)

④GMAT/GRE(対策やスコアメイキングの時期/記録など)

2017/5のゴールデンウィークからGMAT対策を開始。対策はTOEFL/IELTSと同じく、AGOSの講義を中心に実施しました。TOEFL/IELTSのスコアメイク前でしたが、「GMATがどのようなものなのかを早めに把握しておきたかった」また「GWにAGOSの集中講座がありGWを有効に活用できると考えた」という二つの理由からAGOSのGMAT対策集中講義をこのタイミングで開始しました。結果としてGMATの試験がどういったものなのかを早めに知ることができ、全体が見えない不安を早期に払拭できました。また、圧倒的に語彙力が足りないことに気づいたため、それまで以上に語彙力増強に力を入れるきっかけになりました。TOEFL/IELTS対策を終えてからはほぼGMAT対策に集中しました。

Vervalに関しては、AGOSの授業とAGOSの単語帳を使って対策しました。          Mathに関しては、AGOSの授業のほかに苦手と感じたジャンルについてはマスアカも併用しました。

■スコア遷移                                   2017/08/14 PREP(Exam1) 560 (V: 21, Q: 47, IR: 3)                  2017/09/22 PREP(Exam2) 610 (V: 26, Q: 48, IR: 7)                  2017/10/22 本試験(Cancel) 500 (V: 16, Q: 44, IR: 5)                  2017/12/09 PREP(Exam3) 620 (V: 23, Q: 50, IR: 7)                  2017/12/15 PREP(Exam4) 600 (V: 27, Q: 47, IR: -)                   2017/12/19 本試験(Report) 620 (V: 28, Q: 47, IR: 6)

⑤エッセー対策

エッセー対策もAGOSのコンサルタントにお世話になりました。8月頃から、”Why MBA?NUS?”, “Why now?”, “Why you?”, “Long term goal”, “Short term goal” を改めて考え直し始めました。実際にエッセーを書き始めたのは、11月頃でした。

1月はNUS(1/30締切)、NTU(1/14締切)の二つのみに絞りました。併願先としてHKUSTも考えましたがこちらは、1stでの出願はあきらめ、NUSに締め切り後に出願に着手しました。GMATとの並行しての対策となり苦しんでいましたが、12/19にGMAT対策を終え、それ以降、年末年始を含めてエッセーの対策のみを実施しました。

⑥面接対策

“Why MBA?”, “Why now?”,”Why you?”, “Long term goal”, “Short term goal”や長所短所といったベーシックな質問に加え、過去にされた質問にどう答えるかの回答を準備。

オンライン英会話コースにて、質問を先方に送って面接官役をやってもらい、模擬面接をすることを繰り返して対策しました。またMy tutorにて練習を積んだあと、@Englishを利用して仕上げをしました。

⑦推薦状(いつ頃、誰に頼んだかなど)

11月に直属の上司と以前の直属の上司に作成を依頼しました。

⑧面接(形式、回数、時間、質問内容、雰囲気など)

面接はSkypeでするように連絡がありましたが、「リスニング力に不安があり対面の方が聞き取りやすい」「ネットワーク不良のリスク」「直接話した方が熱意を伝えることができる」「キャンパスビジットができておらず一度は直接現地を確認しておきたい」と考えたことから、現地を訪問しての面接に切り替えてもらいました。

回数は一回で時間は20分程度でした。雰囲気は和やかな雰囲気で、質問内容は”Why MBA? NUS?”, “Why now?”,”Why you?”, “Long term goal”, “Short term goa l(卒業直後のキャリア)”の他に、併願先について聞かれました。

⑨最後に(メッセージ、実際NUSMBAにきてどう思っているか、合格の秘訣など)

仕事と並行しての受験は本当につらいもので、土日と長期休暇をほぼすべて受験勉強に費やして何とか合格を手にすることができました。NUSには優秀で志の高いメンバーが集まっており、日々いい刺激をうけながら自分自身を高めることができる環境だと感じています。

また、合格後にも時間が許す限り英語力を強化することをお勧めします。授業、ケースコンペティション、各種クラブの活動などの機会を最大限活用するために重要です。また財務、会計、経済、マーケティングの領域について一度も学んだことがなければ入門書を読んでおくと必修科目の学習がスムーズになると感じました。